トゥアレグのオールドチューブと革紐のネックレス
5ef5f535b5a425673e2c9b5d 5ef5f535b5a425673e2c9b5d 5ef5f535b5a425673e2c9b5d 5ef5f535b5a425673e2c9b5d 5ef5f535b5a425673e2c9b5d 5ef5f535b5a425673e2c9b5d 5ef5f535b5a425673e2c9b5d 5ef5f535b5a425673e2c9b5d 5ef5f535b5a425673e2c9b5d 5ef5f535b5a425673e2c9b5d 5ef5f535b5a425673e2c9b5d

販売期間
2020/07/04 12:00 〜 2020/07/13 20:00

トゥアレグのオールドチューブと革紐のネックレス

¥19,000 税込

送料についてはこちら

SOLD OUT

トゥアレグオールドチューブと牛革紐のネックレス 素材:シルバー合金・ビーズ・真鍮・牛革紐(バックスキン)・綿糸 重さ:28g サイズ約:60~76cm 送料:国内一律600円 佐川急便(宅配・追跡可能) トゥアレグオールドチューブパーツ・トゥアレグ多角真鍮パーツを中心にネックレスに仕立てています。 銀色のチューブのパーツは鋳造ではなく、刻印した後に手で巻かれたものだと思います。合金で出来ていますが逆に酸化しにくくなっており、少し重みがあります。こちらはプリミティブな雰囲気で、厚みと硬さがあり、手巻きで滑らかに作るのはとても手間がかかる作業、トゥアレグの鍛金・研磨加工の技術と知識の高さが伺えます。 また、かつては今のようなガスバーナーは無いので、ふいごで火を起こして比較的低温で加工したように思います。 真鍮の六角ビーズはトゥアレグのアクセサリーでよく使用されるモチーフです。多角は元々はニジェールのタウア地域の出身を表すものでした。 ニジェールのトゥアレグは伝統的に金属と黒のビーズでアクセサリーを作ってきたので、そこは継承させてもらい新しくネックレスに組み直しました。 ビーズは18世紀頃のベネチアの黒筋小粒を合わせています。なかなかしっくりくる黒のビーズがみつかわらかったのですが、この黒筋ビーズは不思議とどのトゥアレグパーツにも合う感じです。 また長さ調節も可能で、他のトゥアレグパーツネックレスとの重ね付もお楽しみ頂けます。 両サイドのリングと革紐の先端の真鍮パーツはナイジェリアの古いものです。こちらのパーツはとトゥアレグとはまた違う西アフリカのおおらかな味わいが有ります。ナイジェリアの人はトゥアレグのキャラバンで運ばれた塩を未だに好んで使うそうで、お互い交流の歴史は古いです。 黒の牛革紐は芯の入ったバックスキンを使用しています。ネックレスに少し重みがあるので、ダブルであつらえました。 革紐は使用しているうちに摩擦でどうしても白みがかってくると思います。今後ご希望があれば革紐の交換は承ります。 説明が長くなりましたが、トゥアレグは紀元前からの文化を今でも実践する民族です。そんな歴史や文化もアクセサリーを身に着けることで少し楽しんでいただければ幸いです。 7/4.5の大塚の展示会ではお手に取れますので、是非その機会もご利用ください。